2019年1月14日月曜日

【スコスのイベント情報(その5)】



【スコスのイベント情報(その5)】

編集者さんとのやり取り書類。

何だかゴールが見えてきた感じですね。

「懸命」が「賢明」だったり脱字誤字が多くて恥ずかしいですが、「スタコラ」を追記していて面白い。

スコスでの経験上、仕事はスムーズに動く仕事よりも、問題山積、体力的にも大変だった仕事の方が結果が残るような気がします。

2019年1月13日日曜日

【スコスのイベント情報(その4)】



【スコスのイベント情報(その4)】

フィンランドにやって来た!!のグッズ(一部)。

1999年~2000年ごろの消費期限切れのキシリトールガムも出てきました。20年もの!開封済み。

フィンランドと言えば、ムーミングッズですね。アニメキャラのポストカードでも唸る程にオサレです。

当時のフィンランドはまだユーロ誕生前でマルッカ通貨の時代でした。ユーロ―統合によるガバナビリティーの不安と新しい単一市場の登場の熱気が混在するヘルシンキはキレイな自然とノキアなどのハイテク通信端末機器メーカーもあり、コンパクトシティの先駆けで、何かが新しい近未来都市像を構築していました。そんな街で収集した現物を展示します。100マルッカは2000円ぐらいです。

どのように展示するのか?迷いますが旅行気分な感じでディスプレイしたいです。

Can you choice my room to chiep room. のメモが出てきました。
もっと安い部屋はナイですか?
キャン ウィー チェンジ モア チーパー ルーム?
Shower bathroom is outside O.K.
私たちに少し エクスペンシブ!!
 
何だ?コレ?

メッチャ面白いです。

最近、著名人やYoutuber が札束を大ぴらにしているのを見ると時代は変わったなーと思いますが、
「私たちに少し エクスペンシブ!!」などの方がうちらは面白いと思う今日この頃。

「キャン ウィー チェンジ モア チーパー ルーム?」のTシャツほすぃー。


2019年1月12日土曜日

【スコスのイベント情報(その3)】


【スコスのイベント情報(その3)】
※お店でもスペースシャワー版の文房具と旅をしよう」を販売しております。

2019年1月11日金曜日



【スコスのイベント情報(その2)】

文房具と旅をしよう」は見たことのない文房具を探しにヨーロッパを旅した旅行記です。

第一章は「本の製作」。資料を元に本をどのような手順で企画し、製作していったのかを時間軸で展示します。
下記のような資料や台割、初期の企画アイデアになります。
脱字や汚い字もそのまま、ありのまま展示。

「特売情報もなんだかかわいい。文字と商品のバランスも絶妙。ゆったりとしたレイアウトも見逃せない。」

第二章は「アイテム」。本に記載されているアイテムやその他の資料を国ごとに展示します。

店舗内での展示で、どうやって章をわけるか?どれだけスペースを確保できるのかわかりませんが、本を読んだことがある人もない人も楽しい博物学的な小旅行になるようにしたいです。

2019年1月10日木曜日

【スコスのイベント情報(その1)】



【スコスのイベント情報(その1)】

本郷スコスにてscos のコンセプトブックである「文房具と旅をしよう」と、スコスの足跡をたどるイベントを企画しています('ω')ノ
本作りの原稿や、本に記載されたアイテムを展示、販売予定です

イベント情報:「文房具と旅をしよう ・ スコスの足跡展(仮)」
期間:2019年・平成31年 1/25(金)~未定

追加情報は随時記載していきます!ご来店をお待ちしております(´▽`)

2019年1月8日火曜日

レターパークでスコス・グッズ プレゼント(第2弾)


日本郵便の「Letter Park」のプレゼントがスコス・グッズです。(第2弾)

「Letter Park」は「青少年ペンフレンドクラブ」の入会無料の会員誌です。

2018年12月27日木曜日

2018年12月19日水曜日

スコスオリジナル・イタリア製の封筒


スコスオリジナル・イタリア製の封筒。

イタリア製の味わいある紙で作りました。

色合いも風合いもイタリアンで素敵です。

定形サイズで郵送できる封筒です。

詳細ページはコチラ

2018年12月12日水曜日

Digawell Officeware


先日のDigawell さんのイベント「officeware」が日比谷のミッドタウン3Fテントギャラリーであります。

2018年12月13日~12月26日まで。

スコスグッズもすこすあります。


2018年11月29日木曜日

ドイツの定番ノート


ドイツの定番ノート。
持ち歩きにも便利なコンパクトサイズで150ページの大容量。
たくさん書けるので本郷の学生さんも使用しております。
罫線は横罫線と方眼線の2種類あります。

詳細ページ

2018年11月22日木曜日

DIGAWEL さんイベント

2018年11月23日(勤労感謝の日)より3日間
suppose design office 社食堂にて 
ディガウェルによるオフィスウエア」を開催されます。

スコスグッズもスコスあります。



2018年11月19日月曜日

パラフィン紙・トレペ紙等の接着


スコスではパラフィン紙など半透明の特殊紙をたくさん取り扱っていますが、
お客様からどのような方法で接着すれば良いのか?と、よく質問をうけます。
そこで、4種類の接着剤で接着実験しました。
紙工作を製作する際のご参考として下さい。

注意!!全て特殊なトレペ紙を使った接着です。
低価格のもので実験しましたので、高い接着剤にはもっと良いものがあると思います。

プラモ用の接着剤はまだ試していませんので、試したらまたアップします。
プラモ用品は画材とし使うにも通常の製品よりもスペック超えするものが、まーまーあるので侮れないですよ。


1)もっとも、入手しやすい工作の定番の木工ボンド。
・乾燥には少し時間がかかります。
・接着部分はしっかりと着きます。接着強度は強めです。
・ただ、水分で紙がぶよぶよっと依れて波打ちます。


2)ホームセンターなどで売っている強力瞬間接着剤(ドイツ)。
・多用途で硬化プラスチック・合成ゴム・木材・金属・陶器・厚紙に使える「ロックタイト(ブラシ付き液状)」を使用しました。
・乾燥は早いです。
・接着面は透明フラットでキレイです。依れもありません。
・接着部分は普通に接着されています。接着強度は普通です。
・今回使用したものが液状なので、くっつける時に接着部分が浸透圧でぶわーっと広がりました。
・gelタイプを使用したら、また接着の感じは異なると思いますが、刷毛塗りは便利でした。


3)スコスで売っているドイツHerlitz の木工用強力接着剤(129円)
・乾燥は少しかかります。
・接着面は透明フラットでキレイです。依れもありません。
・接着部分は普通に接着されています。接着強度は普通です。
・gel タイプの溶剤で流れることなく接着できます。
・安ッスですが、スコスでしか売っていません。


4)ゴム・皮革・金属・硬質プラスチック・木用の接着剤
・乾燥にはすごく時間がかかります。
・乾燥すると接着面は最強に頑丈です。
・ボンドが無色透明ではないので接着面に黄色が付きます。
・強度を求めるならコレです。でも時間がかかる。